怪我の功名となるか?

怪我の功名となるか?

事故、怪我のその後

すがちゃんです。

First・Stepとは直接関係ありませんが、2回目の手術が終わりある程度の回復が見込めるようになって来たので怪我のその後を書かせて頂きたいと思います。

安全運転とドライブレコーダーの勧め!?で書いたとおり2018年10月2日(火)に仕事前のクロスバイクでの走行中に交通事故に遭いました。

3か所の靱帯損傷による左 肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)でした。

手術は固定プレートを入れる手術と4ヶ月後に抜く手術の2回受けました。

まだ2回目の手術から退院して間もないですが、プレートが入っている時よりは大分痛みと不自由さが軽減されています。

しかし鎖骨が以前より浮いているのと、現段階では左肩のリハビリが進んでいない事も有り腕の可動域が以前比べまだまだ戻らないのと可動域の限界に近づくと痛みが走ります。

また、筋肉の張りによる違和感や、関節付近の違和感があります。

今後のリハビリ次第ですがどこまで良くなるかが問題ですね。

埋め込んであったプレートです

事故自体は最終的には加害者が検察に起訴されて事故については一段落しました。

検察の話によると事故の加害者は罰金刑を受けるそうです。

あとはリハビリを進めて出来る限り元の体に戻して力仕事やロードバイクなどの趣味も全く問題くらいに回復出来ればと思います。

今回は災難ではありましたが打ち所が悪ければ死亡事故に繋がるような事故だったと思うので、多少後遺症的な物が残っても開き直って前向きに生きていくしか無いですね。

怪我の功名とよく言いますが、怪我によって更に安全に気をつけたり何かしら自分にとってプラスになれば良いかなと思います。

ロードバイクの乗車許可も出たので今後少しずつ距離も乗れるようにしたいと思います。

まだ怪我は完治とは言えませんが、完治目指し頑張ります。

以前の記事でも書きましたが、自転車は事故の加害者にも被害者にもなりやすと思いますし、場合によっては死亡事故にも繋がると思うので安全第一で行きたいと思います。

皆様も乗り物に乗っている以上は事故は付きものだと思うので、充分に安全には注意して自転車等楽しんで下さい。

最後になりましたが、医療関係者、家族、入院中にお見舞いに来て下さった方やお気遣い頂いた方、皆様に感謝します。

次回は走行会の楽しい記事が書けたら良いなと思います!

最後まで記事を読んで下さり有り難うございます。

それでは、この辺で失礼しますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

First・Stepのメンバーのすがちゃんです! 2017年秋からロードバイクを始めました。 今の一番の目標は体重を減らす事です。 色々と至らない所はあると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。