安全運転とドライブレコーダーの勧め!?

安全運転とドライブレコーダーの勧め!?

こんにちは、すがちゃんです。

今回はFirst・Stepに直接的に関係の無い記事ですが、私の遭遇した事故について書かせていただきます。

と言うことで先日、交通事故に遭いしばらくの間自転車に乗れない体になってしまいました(>_<)

f:id:kouji-ykak4:20181013183327j:plain
破損した自転車

2018年10月2日(火)に交通事故に遭ってしまいました

私は2018年10月1日(月)からダイエットと体力向上の為に、クロスバイクにて仕事前にちょこっとサイクリングをする事にしていました。

2日目の2018年10月2日(火)も三日坊主にならないためにも頑張ろうと朝仕事前に家を出発。

約7㎞ほど走った場所の交差点左側から車が見えたので車を注視。

その交差点は押しボタン式の信号機(歩行者用)がついている交差点で、車は一時停止義務が有りましたが(一時停止標識あり)、一時停止する事もなくスーッと右折をして来て左側車道を走っていた私はどうすることも出来ない状態で自転車と接触し左の体を車に強打して転倒。

私の走っていた優先道路側はかなり手前から青信号。
突然の車の飛び出しにブレーキもかける間もなく激突しました。

幸い頭を打たなかったので死亡事故などにはなりませんでした。
不幸中の幸いですが、衝突して少しの間は今まで経験したことがない激しい痛みが体に走りました。

その後、救急車で近くの病院に搬送されて検査へ

結果、左肩周辺の靭帯損傷3か所あり肩の骨が脱臼しているとのことで金具で固定する手術を受けることになりました。

手術は大きく分けて2回行われ、金具で肩を固定する手術をまず行い、その約4ヶ月後に金具を取り出す手術を行うとの医師からの説明でした。

金具を埋め込んだ後は金具を外す手術を受けるまで、左腕が90度以上上げられなくなります。

f:id:kouji-ykak4:20181013183526p:plain
手術の説明書き

10月3日(水)に入院して翌日10月4日(木)に手術。

約3時間の手術の後、1日間の絶対安静(トイレも行けないので尿瓶対応)を挟んで2018年10月14日(土)に退院。

入院中は約10回ほどのリハビリを行い(腕を90度まで上げられるようにする為のリハビリ)、また傷の治癒を待つ感じでした。

事故の原因について食い違い?

これについては、相手が一時停止してソロソロと交差点を出てきたと言っている嘘疑惑あるので、ドライブレコーダー的に今後自転車に乗るときはアクションカメラを持っているのだから、今後は必ずカメラは動かしておこうと思いました。

この点については後日私自身警察で事情聴取予定なので、その後の経過についてはこの記事内で追記報告させていただきます。

自転車用ドライブレコーダーについて

この商品のように専用の物もあるようですが、私は自転車に乗れるようになってから、今使っているSONYのアクションカムで代用するか検討しようと思っています。

X5-Evoと言うサイクルコンピューターにドライブレコーダーが内蔵されている物も売っていますが精度やバッテリー持ちが問題ありとレビューを見ると書かれているので更に良い商品が出るまでは様子見です。

これらの商品の画像で加害者の嘘等を打破できると思いますし、自転車に乗れるようになったら、いずれかの方法で動画は記録して行こうと思います。

特に一人で走っているとに事故に巻き込まれたときには重要な証言者になってくれると思います。

その後について

今後は安全確認しているかなどドライバーの顔を出来るだけ見たり、自分の方も安全に十分留意して自転車に乗っていきたいです。

また、その後の経過等ついては怪我の完治後書かせて頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

First・Stepのメンバーのすがちゃんです! 2017年秋からロードバイクを始めました。 今の一番の目標は体重を減らす事です。 色々と至らない所はあると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。